外食ドットビズ

トピックス

サッポロホールディングス、温室効果ガス排出削減目標でSBT認定を取得
原料農産物などの土地利用における温室効果ガス排出を示すFLAG関連排出目標は国内初の認定

 サッポロホールディングスは、サッポログループが掲げる2030年に向けた温室効果ガス排出削減目標が「地球の気温上昇を産業革命前と比べて1.5℃に抑える」というパリ協定が定める温室効果ガス排出削減目標と科学的に整合した目標であるとして、国際的なイニシアチブである「SBTi(Science Based Targets Initiative)」から3月1日付でSBTの認定を取得したと発表した。
 SBTiは、2015年にCDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)によって共同設立された国際的なイニシアチブであり、企業が設定する温室効果ガス排出削減目標が、科学的根拠に基づいて世界の気温上昇を1.5℃未満に抑えるための目標となっているかを検証し、基準を満たす目標に対して認定を行っている。
 今回、SBT認定を取得した目標は、同社の2030年のグループ全体の温室効果ガス排出量スコープ1、2、3とFLAGスコープ1、3を対象としている。なお、原料農産物などの土地利用における温室効果ガス排出を示すFLAG(Forest, Land and Agriculture)関連排出に対する目標について国内の企業で認定を取得したのは、同社が初めてとなるとのこと。
 サッポログループは、「サッポログループ環境ビジョン2050」を策定し、2050年の温室効果ガス排出量のネットゼロを目指している。今後もグループ全体で省エネルギーを徹底するとともに太陽光発電設備などの再生可能エネルギー導入拡大を進め、また、原料農産物の農業における温室効果ガス排出削減においてもサプライヤーと協働して取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2024年03月28日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る