外食ドットビズ

トピックス

日本百貨店協会、2月の百貨店売上高は14.0%増と24ヶ月連続で前年を上回る
インバウンドは円安と春節休暇による客数増から469億円と過去2番目に高い数値を記録

 日本百貨店協会は、調査対象百貨店71社・177店の2024(令和6)年2月度の全国百貨店売上高概況を発表。売上高は4329億2205万円(店舗調整後前年比14.0%増)、入店客数も7.2%増と、共に24ヶ月連続で前年を上回った。2019年比でも6.3%増とコロナ前の実績を上回っている。
 今年の2月は、春節商戦で活況だったインバウンドと高付加価値商材が牽引した他、中旬以降の気温上昇で春物商材も動きを見せた。各社が企画し好評だったバレンタイン催事や物産展に加え、閏年による営業日数増などプラス要因が重なり、入店客数も7.2%増と伸長した。
 顧客別では、インバウンドが、円安と春節休暇(2/10~2/17)による客数増から171.5%増(23ヶ月連続)の469億円と、調査開始(2014年10月)以来、過去2番目に高い数値(過去最高は2023年12月/477憶円)を記録した。売上高構成比で初めて1割を超えた(10.9%)他、2019年比でも47.5%増と、8ヶ月連続でコロナ前の実績を上回っている。国内市場も活況で6.5%増(24ヶ月連続/シェア89.1%)、2019年比も2.8%増とプラスを維持した。
 地区別では、インバウンドと高額商材が好調な都市(10都市/29ヶ月連続)が、9地区で前年実績をクリアし18.1%増と高伸した。地方(10都市以外の7地区)も6地区で前年実績を超え1.8%増だった。
 商品別では、主要5品目のうち4品目(身のまわり品・雑貨・衣料品・食料品)で前年をクリアし、コロナ前の実績も超えた。ラグジュアリーブランドなどの高額品や化粧品は、国内外ともに引き続き好調で高い伸びを示した。主力の衣料品は、オケージョン需要の他、天候与件などから春物衣料も動き、特に婦人服・洋品が伸長した。食料品はインバウンドやギフト需要もあり好調に推移した。コロナ5類移行後、初のバレンタイン商戦は、顧客ニーズに即した各社の多様な商品展開や、店頭でのイートインなどが好評で盛況だった。
 商品別売上高は、食料品が1186億3895万円(店舗調整後・前年増減率4.1%増)、食堂喫茶98億7716万円(同10.1%増)、衣料品1109億2530万円(同15.2%増)、身のまわり品729億593万円(同24.9%増)、雑貨923億6733万円(同22.6%増)、家庭用品133億5931万円(同2.1%減)、サービス37億536万円(同3.0%増)、その他111億4273万円(同17.9%増)、商品券45億5199万円(同0.7%増)であった。
 

(外食.Biz)
2024年03月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る