外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、リージョナル型社員を対象に「どこでも勤務制度」を導入
社員が安心して働き、持てる力を存分に発揮できる環境整備と、ワークライフバランスの充実を図る

 サッポロビールは、社員が安心して働き、持てる力を存分に発揮できる環境整備と、ワークライフバランスの充実を図るため、リージョナル型社員の「どこでも勤務制度」を3月1日から導入した。
 同社では、国内外問わず各地の事業所に転勤可能なこと(ナショナル型)を条件として総合職採用を行っているが、2016年に「育児」「介護」等を理由に一定期間居住ブロックを限定し勤務できる制度(リージョナル型)を導入した。リージョナル型は、居住ブロックを限定し勤務する社員で、本給等の各種条件変更があり、新入社員は対象外となる。
 今回新たに導入するリージョナル型社員の「どこでも勤務制度」は、居住ブロック以外の業務を、テレワーク中心で遂行することができる制度で、例えば、本社(渋谷区恵比寿)で担当していた業務を、他のブロックに転居後も継続することが可能になる。業務内容や業務遂行状況、会社ニーズ合致度など一定条件を満たしていることを前提に、本人と会社双方の合意により制度が適用される。これまでリージョナル型社員は、ブロックによっては職種が限定されるという課題があった。本制度の導入によりその課題を解決し、キャリアの選択肢を広げる一助とする。また、リージョナル型の制度適用理由に、新たに「配偶者同居」を追加した。これにより、配偶者の転勤等を理由とした諸課題についても対応していく。
 同社は、これまでも、テレワーク制度、スーパーフレックス制度、時間有休制度など、多様な働き方を推進してきた。今後も社員一人ひとりが安心して働き、持てる力を存分に発揮できる環境整備と、さらなるワークライフバランスの充実を図り、企業価値の向上と持続的な成長につなげていきたいとしている。
サッポログループ人財戦略:https://www.sapporoholdings.jp/sustainability/human/
 

(外食.Biz)
2024年03月05日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る