外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、トレンド座談会のテーマは「好きなカニの種類」
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ…“推し”のカニには地域性が出る?好きなカニランキング発表

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しているが、今回は「好きなカニの種類」についてアンケート調査を実施し、「好きなカニランキング」として発表した。
■カニ好きは全体で7割、好きな種類トップ3は「タラバガニ」「ズワイガニ」「毛ガニ」
 カニを食べるのは好きかという質問では、70.0%の人が「好き」(「とても好き」28.3%+「好き」41.7%)と回答。また、「好き」と答えた人(どちらともいえない含む)に好きなカニの種類について聞いたところ、半数を超えたのは1位の「タラバガニ」(62.3%)と2位の「ズワイガニ」(59.4%)で、以下、「毛ガニ」(37.4%)、「紅ズワイガニ」(25.7%)、「ワタリガニ」(14.9%)、「花咲ガニ」(13.2%)、「上海ガニ」(7.7%)、「高足ガニ」(5.4%)、「アブラガニ」(3.1%)、「アサヒガニ」(2.1%)、「イバラガニ」「クリガニ」(各1.8%)が続いた。
■好きなカニは産地や水揚げ港周辺の地域で支持率が高い傾向に
 「好きなカニ」について地域別に見ると、北海道の名産品である「タラバガニ」「毛ガニ」「花咲ガニ」はやはり北海道・東北地方での支持率が最も高く、地域によって呼び方が変わる「ズワイガニ」についても、「松葉ガニ」の産地がある近畿地方での支持率が高い結果になった。
 また、さらに「一番好きなカニ」については、主な産地となっている北海道・東北地方では「毛ガニ」が、漁獲量が多い港がある近畿地方では「ズワイガニ」がトップだった。産地や水揚げ港があるエリアのカニに集中するなど、地域性を強く反映していることがわかった。
■産地や水揚げ港のあるエリアに住んでいる人は地元で獲れるカニが最“推し”!
 「ホットペッパーグルメ外食総研」所長の有木真理氏は、『今回の調査で 7割の人が「食べるのが好き」と回答しているように、冬にカニ料理を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。「好きなカニの種類」では、全国的に半数を超えたのは1位「タラバガニ」(62.3%)、2位「ズワイガニ」(59.4%)。この2種類は2大王者といえるでしょう。「タラバガニ」はなじみの深い北海道・東北地方、「ズワイガニ」は近畿地方で支持率が最も高く、産地や水揚げ港との関係もありそうです。中でも興味深いのは3位以降のカニの人気についてです。地域別に見ると、「毛ガニ」はなじみ深い北海道・東北地方では66.7%の人が好きと答えており、次に高い関東地方の40.1%と20ポイント以上の差が、「ワタリガニ」は九州・沖縄地方が25.6%と最も高いのに対し、カニの本場ともいえる北海道では9.9%と10%を切っており、2大王者以外のカニについては地域性が大きく出る結果となりました。輸入品や通信販売、最近ではふるさと納税などで現地に行かなくとも全国のカニを購入できるので、慣れ親しんだ“推し”のカニ以外も堪能してみてはいかがでしょうか。』とコメントした。

【アンケート調査概要】
調査期間:2023年12月1日~12月2日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~60代男女(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:1,035件(男性517件、女性518件)
 

(外食.Biz)
2024年02月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る