外食ドットビズ

トピックス

サッポログループ物流、モーダルシフトを推進し「脱炭素社会の実現」に取り組む
JR貨物・日倉・日本FLとサッポロビールの千葉~仙台工場間輸送の一部を鉄道輸送に切り替え

 サッポログループ物流、日本貨物鉄道(JR貨物)、日本運輸倉庫(日倉)、日本フレートライナー(日本FL)の4社は、サッポロビール千葉工場からサッポロビール仙台工場内の仙台物流センターへの製品輸送の一部を2月2日よりトラック輸送から鉄道輸送に切り替えた。
 本取り組みは、サッポロビール千葉工場で製造した「サッポロ生ビール黒ラベル」などのビール製品を仙台物流センターへ輸送する際に、JR貨物の鉄道コンテナを利用し、トラック輸送の一部を鉄道輸送に切り替えるもの。これによりトラックの長距離輸送を減らすことができ、年間CO?排出量約44tの削減を見込む。また、輸送時の荷崩れを防止する梱包作業を、日倉の隅田川支店第一営業所倉庫内に新たに導入した自動梱包作業機械により自動化することで、出荷時の作業負荷軽減およびドライバーの待機時間削減に取り組む。これにより作業員の梱包作業時間約30分の削減を見込む。
 4社はこれからも互いに協力しながら、本取り組みにとどまらず、物流に関わる諸問題の解決とCO?排出量の削減を図り、持続可能な社会の実現に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2024年02月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る