外食ドットビズ

トピックス

エン・ジャパン、社会人4,800人に聞いた「男女の家事・育児分担」調査
家事・育児の分担割合、「女性7割、男性3割」が最多、若い年代ほど男性の分担割合が高い結果に

 エン・ジャパンは、総合求人サイト「エン転職」上で、ユーザーを対象に「男女の家事・育児分担」についてアンケートを実施し、4,828名から回答を得た結果の概要を発表した。
■家事・育児の分担割合、「女性7割、男性3割」が最多、若い年代ほど男性の分担割合が高い結果に
 まず、共に生活を営むパートナーがいるか聞いたところ、47%が「いる」と回答した。パートナーがいる人に、家事・育児の分担割合を聞くと、最も多い回答は「女性7割、男性3割」(21%)で、次いで「女性9割、男性1割」(19%)、「女性8割、男性2割」(18%)が続き、女性の分担割合が高いことが分かった。
 働き方別で見ると、共働きの最多は「女性7割、男性3割」(22%)、片働きの最多は「女性9割、男性1割」(24%)で違いが見られた。一方で「女性6割以上」の割合は、共働き78%、片働き77%で大きな違いは見られなかった。
 年代別で見ると、「女性6割以上」の割合は、年代が上がるほど高まる結果に(20代62%・30代78%・40代以上80%)。一方、若い年代ほど、男性の分担割合が高いことが分かった。家事・育児の分担について、現在の割合になっている理由を聞くと、全体第1位は「配偶者または自身の勤務時間が長いため」(45%)で、2位が「配偶者または自身に家事・育児のスキルがない、協力的ではないため」(23%)、3位が「配偶者または自身の“男は外で働き、女は家を守る”価値観・役割意識が強いため」(16%)だった。
■「家事と仕事の両立」に、最も不満を抱く人が多い割合は「女性9割、男性1割」
 現在、仕事をしている人に、“家事・育児分担と仕事の両立”について満足度を聞くと、「満足・計」は55%(とても満足22%+どちらかといえば満足33%)だった。男女別で見ると、「満足・計」と回答した男性は63%(同27%+36%)、女性は47%(同17%+30%)で16ポイントの開きがあった。
 各分担割合を見ると、「満足・計」の回答が最も多かったのは「女性7割、男性3割」(22%)で、「不満足・計」の回答が最も多かったのは「女性9割、男性1割」(35%)だった。

【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:「エン転職」(https://employment.en-japan.com/)利用ユーザー
調査期間:2023年11月28日~12月25日
有効回答数:4,828名
 

(外食.Biz)
2024年02月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る