外食ドットビズ

トピックス

ロイヤルホスト、フュージョンセレクションのラストはアメリカがテーマ
豪快に焼き上げたステーキをメインに、新たなアメリカ料理とその楽しみ方を提案

 ロイヤルフードサービスは、全国の「ロイヤルホスト」店舗にて、世界各国の料理をロイヤルホスト風にアレンジしたロイヤルホストのフュージョン(融合)セレクション第4弾「ブラックアンガスアメリカンステーキ」を12月6日より開始した。
 今回は、ロイヤルホストの商品の中でも高い人気を誇るステーキの本場である「アメリカ」をテーマに展開。豪快に焼き上げたステーキをメインに、チキンジャンバラヤや、パンケーキをアレンジしたデザートなど新たなアメリカ料理とその楽しみ方を提案する。
 「300gブラックアンガスステーキ」(4,763円)は、“ブラックアンガスビーフ”に、ニンニク・はちみつ・醤油・オリーブオイルを使った特製オイルを塗り込み、厚切りにして香ばしく焼き上げた。本場のステーキハウスさながら、2種から選べるサイドメニュー付きで用意。また、トマトベースに玉ねぎ・セロリ・ニンニクといった香味野菜を加え、チリパウダーなどのスパイスを効かせた「チキンジャンバラヤ」(2,123円)は、海老のグリル3尾とオニオンリング、フィンガーチキンをのせたボリューム満点な一皿。
 さらに、フュージョンセレクションでは初のデザートとなる「キャラメリゼバナナパンケーキ」(1,353円)も用意。人気のパンケーキを小さめサイズで5枚敷き詰めた上に、キャラメリゼしたバナナの甘さとほろ苦さ、シナモンの芳醇でスパイシーな香り、冷たいバニラアイスクリームと温かなパンケーキシロップが絡み合う、ボリュームのある一品だ。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2023年12月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る