トピックス

ポスタス、POSデータを基にした2023年10月度の飲食店売上動向を発表
伸長率は前年対比104.9%と前月から12.6pt鈍化傾向も、成長率自体は引き続きプラス

 クラウド型モバイルPOSレジの「POS+(ポスタス)」を提供するポスタスは、2023年10月度の飲食店売上動向について、「POS+」のPOSレジを導入している飲食店のPOSデータを基に集計し、結果をとりまとめた。
【集計1】全国飲食店 売上月次推移(前年対比)、エリア別売上週次推移
 10月度の前年対比の売上伸長率は、前月から12.6pt減少の104.9%と鈍化傾向も、成長率自体は引き続きプラスが続いている。エリア別売上伸長率の前年対比は、地方平均は106.4%と鈍化傾向になるも、各地域の売上そのものは前年対比で100%以上と引き続きプラス傾向のまま推移している。
【集計2】飲食店 エリア別・業態別・ジャンル別 決済方法
 キャッシュレス決済比率は、全国で45.5%と、先月から0.6pt上昇した。キャッシュレス決済比率が最も高い関東地方は53.6%で、先月から0.4pt上昇し、今月も50%以上をキープした。また、四国地方以外のエリアでキャッシュレス比率が35%を突破した。業態別のキャッシュレス比率は、専門料理と居酒屋、10月は新たに軽食を加えた3業態で40%以上となった。その他以外の業種では、コード決済の割合が5%以上となった。
【集計3】飲食店 ジャンル別 キャッシュレス決済方法比率、キャッシュレス決済比率(内訳)
 ジャンル別にみると、対象ジャンルの75%で、キャッシュレス比率の割合が40%を越えている。キャッシュレス決済比率が40%を越えているサラダ店では、そのなかでコード決済が25.7%利用されている。
 キャッシュレス決済を100%として内訳を見た場合、クレジットカードのキャッシュレス決済比率について、鉄板料理・フランス料理で90%以上を占める。ラーメン・持ち帰り販売・サラダ店でコード決済比率が45%以上を占める。
 9月度から10月度のキャッシュレス決済比率を比較すると、すべての業態でキャッシュレス決済比率が微増となった。また、すべてのクレジットカード決済でキャッシュレス決済比率の割合が上昇した。
 全国における決済方法では、引き続き現金が最も多く54.6%で第1位となった。キャッシュレス決済方法では、クレジットカードが79.2%、次いでコード決済が14.5%となった。業態別で見ると、キャッシュレス決済利用は、1位は前月に引き続き専門料理で52.7%だったが先月より0.3pt減少した。

【集計1】
集計内容:飲食店 売上月次推移(前年対比)、新規感染者数とエリア別売上週次推移(前年対比)
集計対象:「POS+」のPOSレジを導入している飲食店
集計期間:2021年売上…2021年4月1日~12月31日/2022年売上…2022年1月1日~12月31日/2023年売上…2023年1月1日~10月31日
集計手法:POSデータから該当期間の売上データを抽出して集計
データ提供数:7,291社
【集計2】
集計内容:飲食店 エリア別・業態別・ジャンル別 決済方法
集計対象:POS+のPOSレジを導入している飲食店の中で、以下の5業種・25ジャンルに分類される店舗
食事系:カレー、そば・うどん、ラーメン、食堂・定食、レストラン
軽食:カフェ・喫茶、ハンバーガー
専門料理:焼肉、韓国料理、寿司、お好み焼き、鉄板料理、ステーキ・ハンバーグ、フランス料理、中華料理、海鮮料理、アジア・エスニック、イタリア料理、日本食、しゃぶしゃぶ、その他西洋料理、沖縄料理
居酒屋:和風居酒屋、洋風居酒屋
その他:バー
集計期間/集計手法/データ提供数…集計1と同様
【集計3】
集計内容:飲食店 ジャンル別 キャッシュレス決済方法比率、キャッシュレス決済比率(内訳)
集計対象/集計期間/集計手法/データ提供数…集計2と同様
 

(外食.Biz)
2023年11月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る