トピックス

北海道イタリアン ミアボッカ、「北海道産塩水ウニの冷製スパゲティ」が今年も登場
姉妹店合計累計27万食以上のヒットメニュー!贅沢な味わいが舌を魅了する一皿

 イーストンは、北海道・東京都・埼玉県で展開するイタリアン業態「北海道イタリアン ミアボッカ」店舗にて、毎年夏の名物メニューとして人気の「北海道産塩水ウニの冷製スパゲティ」(1,958円/税込)の販売を6月8日より期間限定で開始する。
 2006年6月から販売が始まった愛称「ウニスパ」。「北海道産ムラサキウニ」を使い、殻から取り出し獲れたばかりのウニの鮮度と味を守るため、塩水に浸したままの状態で、北海道から各店へ直送している。ウニの身はとってもデリケートで崩れやすいため、形を維持するためにミョウバンを使用されることが多くあるが、ミアボッカで使用するウニにはミョウバンを使用しない。黄金色に輝くウニ本来の甘みととろけるような食感はもちろん、口に入れた瞬間に広がる磯の香り、繊細で上品な味わいにはこの上ない感動がある。塩水ウニの旨みをさらに引き立ててくれる隠し味が、エシャロットをベースに「帆立だし」と「昆布だし」で作るソース。あらゆる出汁との相性を試し何度も配合を変えようやくたどりついた味。さらに、氷水でキンキンに冷やした細いパスタ麺「カッペリーニ」は、麺だけでも美味しいと評判。これに絡めて食べるとまさに絶品だ。

(外食.Biz)
2023年06月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る