トピックス

ゼンショーホールディングス、グループ各店でランチメニューをリニューアル
「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」「ジョリーパスタ」「ココス」に新メニュー登場

 ゼンショーホールディングスグループのビッグボーイジャパンは全国の「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」店舗にて、また、ジョリーパスタは全国のパスタ専門店「ジョリーパスタ」店舗にて、そして、ココスジャパンは全国のファミリーレストラン「ココス」店舗にて、それぞれ6月8日よりランチメニューをリニューアルする。
 「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」には、今回のリニューアルで、香ばしく炙ったサーモンハラスの旨みがたまらない「炙りとろサーモン丼」(869円)や、希少部位のみすじにさっぱりとした旨塩だれを合わせた「炙り旨塩みすじステーキ丼」(979円)、2/3日分の野菜と豚バラをにんにく風味の特製だれで炒めた「スタミナ鉄板焼き」(869円)が登場する。また、ランチメニューを注文すると、13種類の野菜と3種類のデザートが楽しめるサラダバーをお得なランチ限定価格209円で提供する。
 「ジョリーパスタ」では、日替りでパスタ2種から選べるランチ(全品869円)が、パスタに加えピッツァ・ドリアも選べるランチに進化するとともに、ランチメニュー内のパスタとドリアは大盛への変更を無料で実施する。さらに、ランチタイム限定で「ランチサラダセット」「ランチドルチェセット」(各+220円)が登場する。
 「ココス」では、お手頃な価格で季節を感じられるメニュー3品を新発売。サラダ・ドリンクバー・スープバーが付いたパスタランチセットに、レモンの酸味が夏にぴったりの「海老とアボカドのレモンクリームパスタランチ」(979円)が、また、ライス・スープバーが付いたプレートランチセットには、ジューシーなチキンをお腹いっぱい食べられる鉄板メニュー「鉄板チキン南蛮ランチ」(869円)が、さらに、スペシャルランチセットから、ココスの夏の定番“冷やし麺”シリーズとして「蒸し鶏とシャキシャキ生野菜の濃厚ごまだれ冷やし麺ランチ」(869円)」が登場する。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2023年06月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る