外食ドットビズ

トピックス

グランポレール、北海道北斗ヴィンヤードから待望のファーストヴィンテージ登場
華やかな香りと、心地よい酸味が特長の「グランポレール 北斗シャルドネ<初収穫>2022」

 サッポロビールは、2018年に開園した北海道北斗ヴィンヤードのファーストヴィンテージ「グランポレール 北斗シャルドネ<初収穫>2022」(750mlびん)を6月6日に500本限定で発売する。
 北海道北斗ヴィンヤードは、北海道の中でも温暖な地域で、従来、北海道では難しいとされていた品種にも適すると期待される注目のぶどう産地に、同社が2018年6月に開園したぶどう園。2019年4月から第1期の植樹を開始して昨年収穫を行い、本商品がそのファーストヴィンテージとなる。
 「グランポレール 北斗シャルドネ<初収穫>2022」は、同社の国産ぶどう100%のプレミアムワインブランド「グランポレール」の高品質のぶどうを使用したシングルヴィンヤードシリーズのひとつで、高日照・高気温に恵まれて育ったシャルドネの華やかな香りと、とれたての青リンゴや熟した洋梨や白桃を思わせる甘いアロマ、心地よい酸味と果実味のバランスとれた味わいが特長のワイン。ラベルには、函館湾から一望する北斗の山々と津軽海峡の澄んだ青い海を色の階層で印象的に表現した。
 同社では、2024年に本格リリースを予定している北海道北斗ヴィンヤードから産まれるさまざまな品種の日本ワインに期待してほしいとしている。
 

(外食.Biz)
2023年05月22日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る