外食ドットビズ

トピックス

日本ビール文化研究会、「第12回日本ビール検定(びあけん)」結果報告
前回の約1.2倍増となる受検申込者数、20代を中心に高まる「ビール学習熱」

 ビールの楽しさ、美味しさを多くの人に発見してもらい、ビール文化を発展・普及させることを目的としている「一般社団法人 日本ビール文化研究会」は、2022年秋に開催した「第12回 日本ビール検定(通称:びあけん)」の結果を発表した。
 試験方式をCBT方式※1に変更してから3回目となる第12回は、受検申込者数は2,630人と、2021年秋開催の第11回より約1.2倍増となる453人増加となった。前回に続き、受検者の年代別構成比で最も高い割合を占めたのが20代であることは、注目すべきポイント。昨今、クラフトビール人気の高まりや全国各地で開催される様々なビールイベント等を通じて、多様なビールに触れる機会が増えていることが要因と考えられる。受検者のデータからも、20~30代の若い世代において「ビールの知識を身に付けたい」というニーズが高いことがわかっている。
 日本ビール文化研究会では、今後も“びあけん”を通して、ビールの多様性や楽しさを伝え、ビール文化の発展に貢献していきたいとしている。
※1CBT(Computer Based Testing):47都道府県に300ヶ所以上あるテストセンターに設置されているコンピュータで受検する方式。受検する会場・日時は自身で選択できる。
日本ビール検定:https://beerken.jp/
 

(外食.Biz)
2023年01月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る