外食ドットビズ

トピックス

ポスタス、POSデータを基に2022年12月度の飲食店売上動向発表
第8波の影響があるも各月売り上げの前年対比では、100%超えを維持

 クラウド型モバイルPOSレジの「POS+(ポスタス)」を提供するポスタスは、2022年12月度の飲食店売上動向についてPOSデータを基に集計し、結果をとりまとめた。
【集計1】全国飲食店 売上月次推移(前年対比)
 12月度の前年対比の売上伸長率は、前月から-2.5ポイント減少したが、100%以上の水準を保持し、前年対比で103.7%となった。第8波の影響もあり前年対比では右肩下がりの傾向が続いているが、下がり幅は緩やかとなっており、行動制限がないことも起因していることが予想できる。全国死者数が一日の発表としては過去最多を記録するなど第8波への警戒が強まるが、売上前年対比は横ばいを維持している。
【集計2】エリア別・業態別・ジャンル別 決済方法
 キャッシュレス決済比率は、全国で39.1%。前月が39.8%だったため0.7pt減。関東地方での39%を始め、キャッシュレス決済では依然クレジットカードが多くの割合を占める。
 業態別のキャッシュレス比率では、全体水準を超えているのは専門料理45.1%、その他41.8%。持ち帰りが前月から+0.6ptで28.6%となっている。ジャンル別では、鉄板料理、フランス料理、寿司の比率が多く、その中でもクレジットカードがほとんどを占める。
【集計3】ジャンル別 キャッシュレス決済方法比率、キャッシュレス決済比率(内訳)
 キャッシュレス決済を100%として内訳を見た場合、鉄板料理、フランス料理、寿司など高価格帯の業態はクレジットカードが決済比率を占める。現金決済比率が大きいラーメン、パン屋、持ち帰り販売などの業態はコード決済比率が高い。
 11月度と12月度を比較すると、クレジットカード比率は居酒屋で-1.8ptであったが他の業態は横ばいを維持。2月末まで申請延長されたマイナポイントが電子マネー・QRコードを始め幅広いキャッシュレス決済法でのポイント付与が可能なため、今後のキャッシュレス決済比率は注視していきたい。

【集計1】
集計対象:「POS+」のPOSレジを導入している飲食店
集計期間:2021年売上…2021年4月1日~12月31日/2022年売上…2022年1月1日~12月31日
集計手法:POSデータから該当期間の売上データを抽出して集計
データ提供数:7,404社
【集計2】
集計対象:POS+のPOSレジ導入飲食店の中で、以下の5業種・25ジャンルに分類される店舗
食事系:カレー、そば・うどん、ラーメン、食堂・定食、レストラン、寿司
軽食:カフェ・喫茶、ハンバーガー
専門料理:焼肉、韓国料理、寿司、お好み焼き、鉄板料理、ステーキ・ハンバーグ、フランス料理、中華料理、海鮮料理、アジア・エスニック、イタリア料理、日本食、しゃぶしゃぶ、その他西洋料理、沖縄料理
居酒屋:和風居酒屋、洋風居酒屋
その他:カフェ・喫茶、その他西洋料理、バー、鉄板料理店
集計期間/集計手法/データ提供数…集計1と同様
【集計3】
集計対象/集計期間/集計手法/データ提供数…集計2と同様
 

(外食.Biz)
2023年01月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る