外食ドットビズ

トピックス

丸亀製麺、国内外食企業初!「ZEB」認証取得店舗をオープン
三重県鈴鹿市にエネルギーを大幅に削減した環境配慮型店舗が誕生

 トリドールホールディングスは、国内外食企業初となる「ZEB」認証を取得した店舗である「丸亀製麺 鈴鹿店」を1月18日11時にオープンすると発表した。
 「ZEB」とは、快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・日射遮へい・自然エネルギー利用・高効率設備などによる省エネと、太陽光発電などによる創エネにより、年間で消費する一次エネルギー消費量がゼロ、あるいは概ねゼロとなる建築物のこと。削減率の達成状況に応じて、「ZEB」(100%以上)、Nearly ZEB(75%以上)、ZEB Ready(50%以上)などに分けられ、達成状況は、国交省の指針に基づく第三者認証が必要で、同店は昨年12月に「ZEB」の認証を取得した。
 同店では、「ZEB」認証取得のために、高性能窓等の採用など外皮性能を強化したうえで、高効率空調機器として電気式ヒートポンプと全熱交換器を採用。さらに、給湯にも電気式ヒートポンプ給湯器を採用し、制御機能付LED照明とすることで、徹底的に建物の省エネを図った。そのうえで、太陽光発電パネルを屋根・庇・カーポートに設置し、基準値と比較し、設計値で一次エネルギー消費量を106%削減し、国内飲食企業初の「ZEB」を達成した。
 飲食店舗では、空調等で多くのエネルギーを消費しているが、同社では店舗の快適さと商品の品質を維持したうえで、エネルギーを大幅に削減する「ZEB」化を達成することで二律両立を実現し、グローバル企業としてさらなる飛躍を遂げることができると考えているという。なお、「ZEB」実現においては、ZEBプランナーとして北海道電力に参画してもらった。
 同社は、「食の感動で、この星を満たせ。」をスローガンに掲げ、日本発のグローバルフードカンパニーを目指し、様々な活動を行っているが、今回、世界で大きな課題となっている気候変動への対応において、カーボンニュートラル実現に寄与する「ZEB」導入などにより、「環境配慮型店舗」としてサステナブルな店舗作りを目指していきたいとしている。

【丸亀製麺 鈴鹿店】
所在地:三重県鈴鹿市白子四丁目3715番、3716番1
電話:059-388-7012
営業時間:10:30~21:00(土日祝11:00~)
定休日:年末年始く
店舗規模:197㎡、79席
構造・階数:木造・地上1階
 

(外食.Biz)
2023年01月18日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る