外食ドットビズ

トピックス

ロート製薬、「ロートレシピ 梅田NU茶屋町プラス店」をオープン
「おなかの底から元気になれる」食からウェルビーイングを叶える食の複合施設

 ロート製薬は、大阪市北区の商業施設「NU茶屋町プラス」の2階にて、食の複合施設「ロートレシピ 梅田NU茶屋町プラス店」を1月15日にオープンする。
 「ロートレシピ 梅田NU茶屋町プラス店」は、「おなかの底から元気になれる」をコンセプトに、おいしく、健康的で、サステナブルな食事を提案する食事業の新ブランド「ロートレシピ」の旗艦店。パートナーとして、カフェ・カンパニーを迎え、コンセプト設定、メニュー企画・開発、オペレーションサポート、空間デザイン等を監修してもらった。なお、運営は同社グループのロートウェルコートが行う。飲食エリア(カフェ&レストラン)、物販エリア(マーケット)を起点に人々が集い、食事や会話を楽しんでもらえる複合施設で、様々な利用者にくつろいでもらえるよう、懐かしさとモダンさを融合させたデザインを施している。店内飲食の他、自宅用の商品の購入やその後も通販を通じて追加購入できるモデルを導入するなど、幅広く利用できる。店舗中央には、来店者の憩いの場となるような「ロートの木」を設置した。
 料理は、一皿で満足の肉料理から、パスタやカレーなどの親しみやすい人気メニューを、胃腸や体にやさしい調理法や調味料を活用し、旬野菜をたっぷり付け合わせることでよりヘルシーに仕上げている。メインメニューの一つ、「南(ぱい)ぬ豚ハンバーグ」は、ロートグループのやえやまファーム(沖縄県石垣市)にてつくられた日本唯一の有機パイナップルを飼料にして育った豚を用いており、融点が低くとろけるような肉料理だ。また、ハレの日を演出してくれるようなパフェやケーキも、糀や和三盆、無添加ミルクなどより胃腸と体に良い素材を厳選して使用している。ドリンクは、オリジナルブレンドのハーブティや、ロートグループのはじまり屋(奈良県宇陀市)で栽培している有機にんじんを使った濃厚ジュースなど、ハーブやスパイス、かんきつや野菜などの自然素材から栄養が摂れるメニューを用意。ディナー向けには、ロートのオリジナルのクラフトビール、自然派ワインなども用意しており、食事にあわせて楽しむことができる。

【ロートレシピ 梅田NU茶屋町プラス店】
所在地:大阪市北区茶屋町8-26 NU茶屋町プラス2階
営業時間:11:00~23:00(施設の営業時間に準ずる)
定休日:施設の定休日に準じる
店舗詳細:https://rohtorecipe.rohto.com
 

(外食.Biz)
2023年01月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る