外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、「極み熟成大とろ」などを楽しめる「大とろと九州」フェア開催
口の中で“とろ”ける絶品メニューが集結!九州産の海の幸も気軽に楽しめる

 くら寿司は、全国の回転寿司チェーン「くら寿司」店舗にて、「大とろと九州」フェアを12月2日から期間限定で開催する。
 本フェアでは、口の中で“とろ”ける商品や、“大”切りの“とろ”ける絶品メニューが多数登場。「極み熟成大とろ(一貫)」(345円)は、マグロ全体からわずか5%ほどしかとれない最高級部位の大トロを使用しており、くら寿司独自の熟成技術を施すことで旨味を最大限に引き出した。その他にも、「大切りとろさば盛り合わせ」(250円)や、「大切りとろける上穴子天(一貫)」(165円)など、甘みあるとろける脂のうまさを堪能できる商品を取り揃えた。
 また、同フェアでは、九州産の素材を贅沢に使用した商品も多数用意。鹿児島県のシンボルである桜島にかけて、その名がつけられた「【鹿児島県産】桜くえ(一貫)」(250円)は、タマカイの成長の早さと、クエの上質な脂のりや旨味を良いとこ取りしたハイブリッド魚で、成長が早いため、出荷までの期間が短くなり、リーズナブルな価格での提供が実現できている。また、タマカイとは、「マハタ」や「クエ」などと同じハタ科マハタ属に分類される魚。ハタ科の中でも最大種といわれる南方系の大型魚で、漁獲量が少ないため、国内では知名度も低く非常に珍しい魚。クエのもっちりとした歯ごたえと、独自の熟成技術でさらに凝縮された旨味を堪能できる。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年12月03日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る