外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、日本IBMとRTD商品開発AIシステム「N-Wing★」を本格実装
RTD商品開発スキームのDX化に向け、熟練技術とAIの融合により市場創造型新商品開発に着手

 サッポロビールは、日本アイ・ビー・エムと、RTD商品開発AIシステム「N-Wing★(ニュー・ウィング・スター)」を同社の開発システムとして本格実装させると発表した。同社は「N-Wing★」を活用し、2023年夏以降にRTD基軸ブランドで新商品の開発を目指す。
 これまで、同社のRTD新商品開発では、サプライヤーから得た原料情報を元に、過去のレシピ等を参照し、長年経験している開発者から情報収集も行うなど、時間と労力をかけて試行錯誤を繰り返して取り組んでいた。本システムは、昨年11月よりテスト運用を開始し、本格実装に向けて協議・検証を続けてきたが、今回実装した「N-Wing★」は、これまで商品化した約170商品で検討した配合(約1,200種)や原料情報(約700種)を含むレシピを学習していて、新商品のコンセプトや必要な情報を入力すると、瞬時に目標とする配合の骨格をもとに原料の組合せ、各原料が商品全体の中に占める割合(配合量)まで予測し、推奨配合と推奨香料からなるレシピを出力する。開発担当者は、このレシピを参考にして必要な原料を調達し、試作品の開発を行う。「N-Wing★」が提示したレシピは、AIアルゴリズムにより人間では思い浮かばないような配合が創出されることが確認でき、今後も新しい原料・開発情報を繰り返し学習させることでレシピ配合の予測精度向上が期待されるという。
 また、これまで初回の商品開発にかかる総時間のうち、原料や配合の検討に多くの時間を要していたが、「N-Wing★」をテスト運用した結果、従来と比較して、原料検討時間は約75%削減、配合検討時間は約50%削減できることが確認できた。加えて「N-Wing★」の本格実装後、AIによる高精度なレシピ予測により試作時の手直し時間も約50%削減され、商品開発にかかる総時間が約50%削減される効果が期待できる。開発担当者は、これにより捻出された時間を新規原料・技術情報の探索や試験開発など、新たな活動に振り向け、一歩先をいく市場創造型の新商品開発に取り組むことができる。
 さらに、商品開発においては、過去の配合・原料データなどの知見が属人化され、開発者の長年の経験による熟練技術を伝承していくことが課題になっていたが「N-Wing★」に過去の実験データやレシピなどの匠の知見を集約・一元化することで、開発者が誰でも推奨香料と配合、過去の使用事例や原料関連情報などを効率良く検索し活用できるようになった。AIを通じて迅速に過去情報を活用し、最新の原料・技術の活用については人間が探求・挑戦していく、人間とAIが協調した開発スタイルの仕組みが構築され、研究開発部門でのDXが推進されることが期待される。
 

(外食.Biz)
2022年12月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る