外食ドットビズ

トピックス

すかいらーくホールディングス、グループで使用するカトラリーとレジ袋を有料化へ
プラスチック削減の取り組みをさらに加速!持ち帰り・宅配用カトラリーのフォークを竹製に変更

 すかいらーくホールディングスは、2018年より段階的に進めてきたプラスチック削減の取り組みをさらに加速するとともに、限りある資源を大切にするため、2023 年 1 月 12 日よりレジ袋とカトラリーを有料化すると発表した。
 レジ袋は、持ち帰り1組5円、売店1枚5円とし、有料化した金額の一部を、環境保護団体へ寄付する予定。なお、宅配時は無料とする。カトラリーは、持ち帰り・宅配にて、1本10円とし、こちらも有料化した金額の一部を、環境保護団体へ寄付する予定だ。有料化による効果としては、カトラリーはすでにプラスチック使用量は0となっているが、レジ袋においては、年間のプラスチック使用量を70トン程度削減見込むとしている。
 なお、グループ約2,700店舗の持ち帰り・宅配用のカトラリーのうちフォークは、耐久性向上を目的に木製から竹製に順次変更する。ただし、ナイフ、スプーンについては、引き続き木製を使用する。
 同社グループは、事業を通じたSDGs(持続可能な開発目標)への貢献を重要課題と位置づけ、サステナビリティ委員会を設置し、部門横断によるさまざまな取り組みを行ってきた。今後も安全・安心な食の提供を通じて地域社会に貢献するとともに、地球環境保全にも積極的に取り組みたいとしている。
 

(外食.Biz)
2022年11月30日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る