外食ドットビズ

トピックス

シングルホップのおいしさと物語を楽しむヱビス「ヱビス ホップテロワール」発売
チェコ・ジャテツで採れた、香り・苦味ともに最高級と称されているホップを100%使用!

 サッポロビールは、「ヱビス ホップテロワール」の缶および樽生商品(350ml缶/20L樽)を11月22日に数量限定発売する。なお、樽生商品は、「YEBISU BAR」と「TAPS BY YEBISU」店舗限定での販売となる。
 ヱビスブランドは、「Color Your Time! YEBISU ビールの楽しさ、もっと多彩に。」のブランドコンセプトのもと、ビール時間の楽しさを届ける取り組みを展開している。「ヱビス ホップテロワール」は、昨年11月に第1弾を発売し好評を博した。今回発売する第2弾は、チェコ・ボヘミヤ地方の最古の街のひとつジャテツで採れた、香り・苦味ともに最高級と称されているホップを100%使用した、シングルホップのおいしさと物語を楽しむヱビスだ。
 チェコは、日本で広く親しまれるピルスナータイプのビール発祥の地であり、当時の神聖ローマ皇帝であったカール4世はジャテツのホップを愛し、その苗の持ち出しを禁止したとも言われている。数百年もの間守られてきたジャテツのホップは、1970年頃からウィルスにより品質低下の危機に直面したが、サッポロビールの技術指導により再び品質を取り戻したというほど、同社とのゆかりも深い地域だ。「ヱビス ホップテロワール」では、ジャテツで採れたファインアロマホップを贅沢に100%使用し、2回に分けて添加することにより、華やかな香りと苦み、そして芳醇な味わいに仕上げた。
 また、パッケージは、ジャテツのホップ畑をイメージし、まるで畑の中を歩いているかのようなデザインとした。裏面には、畑のテロワールやホップの物語を楽しんでもらえるような演出を施している。また、缶体側面と6缶パックのパッケージに表記している二次元コードを、インターネットに接続できるデバイス(フィーチャーフォンを除く)で読み取ると、ジャテツのホップ畑や街並みを楽しめる。
 同社では、「ヱビス ホップテロワール」を通して、最高級と称されるチェコ・ジャテツ産のファインアロマホップのおいしさと、千年以上受け継がれてきた畑の物語を、特別なひと時に楽しんでほしいとしている。
ヱビスブランドサイト:https://www.sapporobeer.jp/yebisu/
 

(外食.Biz)
2022年11月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る