外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、日本味と匂学会第56回大会で「優秀発表賞」を受賞
ホップの使い方でビールに多様性のある味わいを与える新たな技術につながる可能性も

 サッポロビールは、8月22日~24日に開催された日本味と匂学会第56回大会でポスター発表した「ホップに由来する冷涼感寄与成分の探索:3成分の相互作用による新たな冷涼感形成メカニズムの発見」で「優秀発表賞」を受賞したと発表した。
 近年、クラフトビールのブームに代表される多様なビールが求められる時代において、世界中で様々な香りのホップが育種、開発されており、その中にはミントのような冷涼感をビールに与えることができる品種もある。同社はこの発表で、このようなホップがメントールなどの既知の冷涼感成分をほとんど含まないにもかかわらず、ビールに冷涼感を与えることができる仕組みを解明するとともに、このようなホップで醸造したビールにおいて、ホップの香り成分が、単独ではなく3つの成分の相互作用によって冷涼感に寄与していることを明らかにした。
 複数の成分が組み合わさることで冷涼感が強まる、という新たな冷涼感形成メカニズムの発見は今までに類がなく、また同学会においてビール醸造技術をテーマとした発表の受賞は初めてであり、この受賞はビールの味わいの多様性につながる取り組みが評価されたものと考えているという。
 同社では、今回の研究成果をもとに、冷涼感をさらに高める醸造技術や、冷涼感を活かした味わいを生み出す商品への研究開発を通じて、多様なビールの楽しみ方を提案していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2022年09月30日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る