外食ドットビズ

トピックス

日本フードサービス協会、8月の外食売上高は118.0%と9ヶ月連続で前年を上回る
3年ぶりに営業制限や行動制限のない「お盆休み」となり、外食各業態の売上は前年を上回る

 日本フードサービス協会(JF)は、会員企業(有効回収事業者数239社・店舗数37,059店)を対象とした2022年8月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。
 今年の8月は、3年ぶりに営業制限や行動制限のない「お盆休み」となり、外食各業態の売上は前年を上回り、全体売上は118.0%となったが、19年対比では90.6%と7月の同98.5%と比べると回復力が弱い。コロナ第7波のピーク時で全国の新規感染者が約26万人という日もあり、平日と夜の客足は鈍化し、特に「パブ・居酒屋」では売上が19年対比で44.2%にまで落ち込んだ。
 全体および業態別の対前年同月比は以下の通り、(  )は2019年(一昨々年)比
■全体【売上高118.0%(90.6%)・店舗数99.5%・客数110.1%・客単価107.1%】
■ファーストフード業態 【売上高107.1%(104.6%)・店舗数99.9%・客数103.9%・客単価103.0%】
 FFは、テイクアウト・デリバリーの定着で好調が続き、全体売上は107.1%となった。
 業種別売上高は、「洋風」は顧客利便性を考えた施策などが好調を維持し103.8%。「和風」は、新商品を次々と打ち出し、キャンペーンが好調で107.8%。「麺類」は、持ち帰り商品のラインナップの増加などから121.2%となった。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、弁当などのデリバリーやネット注文が好調に推移し、回転寿司もコロナ前ほどではないがお盆需要が比較的堅調で106.7%となった。「その他」は、「アイスクリーム」が、お盆期間中の地方の売り上げが好調で108.0%。
■ファミリーレストラン業態【売上高131.5%(81.0%)・店舗数99.4%・客数123.3%・客単価106.7%】
 FRの全体売上は、131.5%となった。一部店舗ではお盆期間の帰省客や観光客で堅調な売上となったが、それ以外の期間や都心部などでは、売上は概ね低調に推移した。特にこれまで戻りが弱かった夜間の集客は平日を中心にさらに落ち込んだ。
 業種別売上高は、「洋風」は127.0%、「和風」は135.9%となったが、19年対比では「洋風」76.2%、「和風」77.4%と、回復までまだ遠い。「中華」は、店内飲食、持ち帰りともに堅調を維持し123.9%、19年比で99.0%となった。「焼き肉」も、堅調に推移して150.8%、19年比で92.1%となった。
■パブ/居酒屋業態【売上高442.7%(44.2%)・店舗数96.5%・客数333.5%・客単価132.7%】
 昨年は、コロナ第5波のピークで酒類提供が制限されていたことから、「パブ・居酒屋」の売上の対前年比は442.7%となった。だが、新規感染者が拡大した7月後半以降は宴会のキャンセルが続出し、大口の宴会はほぼなくなり、小口の宴会もキャンセルが相次いだ。19年対比では6月をピークに下降し、前月の53.3%からさらに下回り44.2%となった。一部店舗では継続的な人手不足に加え、従業員の感染者や濃厚接触者が増加し、スタッフの確保が困難で営業に支障が出るなどの苦境が続いている。
■ディナーレストラン業態【売上高153.9%(68.7%)・店舗数99.8%・客数140.3%・客単価109.7%】
 DRの売上前年比は153.9%ながら、コロナ第7波の中でお盆の集客は思ったほど伸びず、書き入れ時であるはずの8月にもかかわらず、宴会のキャンセル等で売り上げは停滞、19年比は68.7%にとどまった。
■喫茶業態【売上高125.7%(76.1%)・店舗数98.5%・客数114.5%・客単価109.8%】
 営業時間制限がなく、新商品の発表や価格改定により客単価は上昇し、売上の対前年比は125.7%となるも、主にオフィス街において客足が伸びず、19年対比では76.1%にとどまった。
 

(外食.Biz)
2022年09月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る