外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、2021年度東名阪中食動向を発表
コロナ禍2年目の中食市場規模は、前年度比3.5%増の1兆5225億円とさらに拡大

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・東海圏・関西圏の3圏域の男女約10,000人を対象に毎月実施している「外食市場調査」について、2021年度(2021年4月~2022年3月)の外食および中食の年間結果を取りまとめた。今回は、中食動向をお知らせする。
 3圏域計における2021年度の年間の延べ中食購入回数は前年度比+1.8%の17億5695万回、中食市場規模は同+3.5%の1兆5225億円と推計された。コロナ禍1年目における増加幅には及ばないが、コロナ禍2年目においても中食市場規模はさらに拡大した。実施者の1ヶ月あたり中食頻度は同+0.4%(5.11回)、中食単価は同+1.6%(867円)と増加した。
 圏域別に見ると、首都圏9425億円(前年度比+3.1%)、関西圏3902億円(同+6.0%)、東海圏1897億円(同+0.3%)と、外食市場規模が縮小した関西圏において、中食市場規模の増加幅が+6.0%と最も大きかった。
 月別の中食市場規模を見ると、4月は外食・中食ともに前年比プラス、5月は外食はプラスだったが中食はマイナス、6月以降11月まで外食はマイナスが続いたのに対し中食はプラスで推移。逆に12月以降外食が回復に転じた一方で中食はやや落ち込み、年間では前年度をやや上回る程度となった。
 性年代別では、コロナ禍前と同様に「男性/40歳代」が延べ回数シェア(13.7%)、市場規模シェア(13.5%)ともに最も高かった。対前年度比で延べ中食購入回数・中食市場規模が最も増えた性年代は「男性/50歳代」で、回数は前年度比+6.9%、市場規模は+10.5%であった。また、「男性/50歳代」は、対19年度比でも最も増加幅が大きく、回数は19年度比+23.6%、市場規模は同+33.3%であった。コロナ禍前と比べ、「男性/60歳代」「女性/60歳代」において外食市場規模の回復が停滞していることに加え、中食市場規模も他の性年代に比べると増加幅が小さい。シニア世代において、外食・中食の戻りが遅いことが推察される。
※「中食」は、夕方以降の食事について、外で買ってきたものを食べた、出前や宅配を利用して食べた場合を対象・食事の一部(おかずのみ等)を買ってきて食べた場合も含まれる。
 

(外食.Biz)
2022年09月22日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る