外食ドットビズ

トピックス

サッポロホールディングス、創業の地、北海道の自然保護活動を支援
株主優待制度を通じた寄付金に同額を加え北海道の海洋資源回復事業に寄付

 サッポロホールディングスは、2021年度の株主優待制度を通じた株主からの寄付金131万9,000円に、同社からの寄付金として同額の131万9,000円を加えた計263万8,000円を北海道の海洋資源回復事業(秋サケ資源回復加速化事業)に寄付すると発表した。
 同社は、2008年度(85期末)より株主優待制度において、株主が優待品の送付に代えて社会貢献活動への寄付を選択できる制度を設けている。2021年度は、同社グループのサステナビリティ方針の「大地と、ともに、原点から、笑顔づくりを。」のもと、創業の地である北海道の自然保護活動を支援する。
 同社グループは、今後もさまざまな取り組みを通じて持続可能な社会の実現を目指したいとしている。
 

(外食.Biz)
2022年09月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る