外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、2021年度東名阪外食動向-経年分析編-
「飲酒を伴った外食」の単価は上昇もシェア低下により全体の外食単価は減少

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・東海圏・関西圏の3圏域の男女約10,000人を対象に毎月実施している「外食市場調査」について、2021年度(2021年4月~2022年3月)の外食および中食の年間結果を取りまとめた。今回は、経年分析として、コロナ化での外食の変化についてみていきたい。
 コロナ禍2年目の外食では、外食の相手別シェアは、「夫婦2人」(20年度6.3%→21年度5.9%)や「恋人や異性」(同8.3%→7.8%)、「職場・学校仲間」(同6.3%→5.9%)の割合がやや減り、「家族・親族」(同26.6%→27.1%)や「友人・知人」(同14.3%→14.7%)の割合がやや増えたが、大きな変化はなかった。2019年度と比べると「職場・学校仲間」(同11.4%→5.9%)や「友人・知人」(同18.0%→14.7%)の割合が減って、「夫婦2人」(同14.8%→16.4%)や「1人」(同19.9%→24.9%)の割合が増えている。
 また、外食の曜日別シェアは、「日曜日」(20年度20.5%→21年度21.1%)の割合がやや増えたが、こちらも大きな変化はなかった。2019年度と比べると「金曜日」(同16.4%→14.2%)の週末が減って、「土曜日」(同22.8%→24.4%)と「日曜日」(同19.9%→24.9%)の土日が増えている。
 外食した場所別シェアは、「地元以外での外食」のシェアが20年度の73.6%から21年度の74.7%へと1.1ポイント増加した。
 そして、飲酒有無別の外食単価は、「飲酒を伴った外食」(20年度4,015円→21年度4,231円)、「飲酒を伴わない外食」(同1,482円→1,610円)ともに、単価は上昇したものの、単価の高い飲酒を伴った外食のシェア(同36.8%→29.6%)がさらに低下したことで、全体の外食単価は20年度の2,414円から21年度の2,387円へと減少した。
※「外食」は、夕方以降の食事について、お店で食事した場合を対象
・飲酒のみ、喫茶のみの場合も含まれる
・夕方以降、複数回外食した場合、1日あたり2回まで(2軒目まで)の外食を含む
※消費地の範囲は、各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内で行った外食を対象としており、圏域外(圏域外の都道府県や海外)で行った外食は含まないが、圏域内への旅行・出張は含まれる
 

(外食.Biz)
2022年09月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る