外食ドットビズ

トピックス

ぐるなび、「HANEDA INNOVATION CITY」の飲食エリアをプロデュース
「いつも使い×地域の食の発信」をコンセプトに今年11月末にオープン予定

 ぐるなびは、飲食店、商業施設、ユーザーをつなぎ、「食」による継続的な賑わいの場を創出する店舗開発事業を昨年4月より始動。今年4月に開業した「CenTerrace TENMONKAN(センテラス天文館)」(鹿児島市)、5月に開業した「Maruei Galleria(マルエイ ガレリア)」(名古屋市)に続き、「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」(HICity/東京都大田区)の飲食エリアをプロデュースすると発表した。
 同社の店舗開発事業は、自社が持つ飲食店ネットワークと蓄積された飲食に関するデータを活用し、商業施設の飲食エリアにおいて、コンセプト設計から飲食店誘致、店舗構築、フロア運営まで総合的にプロデュースをする事業。同社が、飲食店へ立地紹介や運営フォローを行うことにより、事業規模を問わず、飲食店経営者へ出店機会を創出すると同時に、商業施設にとっても、これまでは誘致が困難であった中小規模の飲食店や地方で伸長・活躍している飲食店などを誘致することが可能になる。
 今回のHICityの飲食エリアは、飲食店からメニューや使用する食材を提供してもらう新たなモデルを取り入れる。これにより全国の飲食店が店舗を構えずに販路拡大でき、日本中の魅力ある食を集積して発信していく。さらに、同社が提供するモバイルオーダーサービス「ぐるなびFineOrder」や店内状況可視化サービス「飲食店LIVEカメラ」、配膳ロボットなどを活用し先端的な店舗運営を進めていく。
 まずは、HICity内のオフィス、ホテル、イベント施設の利用者をターゲットとし、「いつも使い×地域の食の発信」をコンセプトに今年11月末にオープンする予定。HICityのグランドオープンである2023年度にはインバウンド需要の回復も見込み、地域の食文化発信の場となることを目指す。

【HANEDA INNOVATION CITY 飲食エリア概要】
所在地:東京都大田区羽田空港1-1-4 
面積:約260坪
座席数:約300席
スケジュール:2022年11月末開業予定
 

(外食.Biz)
2022年09月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る