外食ドットビズ

トピックス

ブロンコビリー、ニュージーランド産「オーシャンビーフ」のステーキが登場
ちょっと贅沢なワンランク上のブランド牛「炭焼きオーシャンビーフリブロースステーキ」

 ブロンコビリーは、全国の「ブロンコビリー」店舗にて、ニュージーランド産「炭焼きオーシャンビーフリブロースステーキ」の販売を8月9日より開始する。
 ブロンコビリーでは、炭で焼く肉、シャキシャキ新鮮なサラダバー、魚沼産コシヒカリの大かまどごはんなどで、お腹いっぱい堪能できる。さらに、全店オープンキッチンスタイルなので、例えば、肉をダイナミックに焼く様子は、目で・耳で・香りからも楽しめる。
 ニュージーランド産の「オーシャンビーフ」は、広大な牧草地と南アルプスの雪解け水、太平洋からの新鮮な空気が広がる大自然で育ったブランド牛。牧草と穀物での飼育のため、赤身の美味しさと適度な霜降りによるお肉の甘さを感じられる。さらにリブロースは、赤身と霜降りのバランスがよく、やわらかくジューシーな味わいの部位なので、贅沢な味わいを堪能できる。これを、「炭焼きオーシャンビーフリブロースステーキ」(150g:2,398円~)の他、「炭焼き超粗挽きビーフハンバーグ(210g)&炭焼きオーシャンビーフリブロースステーキ(150g)」(2,948円)や「炭焼きオーシャンビーフリブロースステーキ(150g)&ウルグアイ産炭焼き超厚切り熟成サーロインステーキ(150g)」(3,608円)で展開する。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年08月09日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る