外食ドットビズ

トピックス

BR サーティワン アイスクリーム、上半期(2022年1月~6月)の連結業績を発表
長期経営計画(ブランドパワー強化・デジタル化・スマート31・販売拠点拡大)を推進

 B-R サーティワン アイスクリームは、2022年12月期 第2四半期(2022年1月~6月)の連結業績を発表。売上高100億4700万円(対前年同期比-)、営業利益11億2500万円(-)、経常利益11億5200万円(-)、四半期純利益7億3900万円(-)であった。
 同社グループは、“We make people happy.”「アイスクリームを通じて、お客様に幸せをお届けします。」を企業理念に、高品質で美味しいアイスクリームと“FUN(楽しいこと、嬉しいこと、感動すること)”に満ちたひとときを提供し、日本で最も愛され親しまれるチェーンとなることを目指すとともに、企業の継続的成長に努めている。
 また、昨年より引き続き、先ず顧客や従業員の安全を第一に考えた衛生管理の徹底として工場・店舗における感染防止に取り組むとともに、同社グループの長期経営計画(ブランドパワー強化・デジタル化・スマート31・販売拠点拡大)を推進している。
 なお、2022年12月期 通期(2022年1月~12月)の連結業績予想は、売上高193億9000万円(対前年同期比-)、営業利益11億9000万円(-)、経常利益12億4000万円(-)、親会社株主に帰属する当期純利益7億8000万円(-)を見込む。
※非連結子会社を2022年12月期第1四半期より連結財務諸表を作成しているため、対前期増減率は未記載
 

(外食.Biz)
2022年08月02日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る