外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、米国Stone社の全持分取得により北米事業の更なる成長を推進
米国内に2工場を取得し、「サッポロブランド」の北米市場売上成長を強力に推進

 サッポロビールは、子会社であるSapporo U.S.A.,Inc.が、Stone Brewing(ストーン・ブリューイング) Co.,LLCの持分売買契約を締結し、子会社化することを決定したと発表した。これにより、米国市場における「サッポロブランド」の売上拡大を支えるサプライチェーン戦略と有力ブランドの獲得による商品戦略で、北米事業のさらなる成長ひいてはグローバル展開の推進を目指す。
 Sapporo USA社は、サッポログループの中期経営計画に掲げる「グローバル成長の推進」の一環として、Stone Brewing Holdings, LLCの保有するStone社の持分売買契約を締結し、同社のもつビール類製造販売事業・飲食店事業を取得する。なお、Stone社は、ビール類製造販売事業・飲食店事業・酒類卸事業を有しているが、酒類卸事業を切り離しStone Brewing Holdings, LLCの新設子会社に譲渡された後、Sapporo USA社がStone社の持分を取得する予定だ。
 サッポログループは、海外ビジネスの基盤である「北米」と、成長著しい「東南アジア」を重点エリアに位置付けた独自のグローバル展開を推進している。特に米国は、その事業の中核である「サッポロブランド」が2021年に過去最高売上を記録するなど、着実な成長を遂げている。「サッポロブランド」は、2026年までに海外で1,000万函(大瓶換算)を目標に掲げており、米国市場は今後もその成長の中心的役割を担うものと考えているという。
 同社では、米国市場での事業成長を目指し、同ブランドのさらなる伸長に向けた生産拠点の獲得と、新たなブランド獲得によるビール事業の拡大を検討してきた。特にアグレッシブな成長に応える生産能力向上、および消費地に近いエリアに生産拠点を構えることによる物流コスト削減と品質安定化を実現するサプライチェーン戦略が大きな課題であった。
 一方、Stone社は1996年にカリフォルニア州で創業し、米国におけるIPA市場のパイオニア的存在として長年に渡り市場を牽引する企業だが、米国の東西に構える2工場の稼働率向上にむけ製造能力を最大限活用すべくパートナーを模索していた。
 今回、Sapporo USA 社がその2工場を取得することで、これまで「サッポロブランド」の商品供給の多くをカナダおよびベトナムからの輸入に依存していたSapporo USA社の物流コストは大幅に削減される。また、取得する2工場の稼働率は現状の約2倍へと改善することも見込まれ、両社にとって相互の課題解決を実現することとなる。
 さらに、Stone社がもつStone IPAをはじめとする有力ブランドの取得は、同社の商品ポートフォリオの拡充に寄与し、北米酒類事業のさらなる成長を後押しするものだ。2工場の取得後には、生産能力をさらに増強することで「サッポロブランド」の成長を強力に推進しながら、2024年には米国市場全体で約800万函(大瓶換算)を目指す。
 同社は、約40年に亘って築きあげた米国ビール事業の強固な基盤に、強いサプライチェーンと有力ブランドが加わることで、米国での事業成長スピードをさらに加速させていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2022年07月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る