外食ドットビズ

トピックス

養老乃瀧、徳島県産「半田そうめん」で夏の涼を楽しむ!「七夕そうめんフェア」開催
7月1日~7月7日に「養老乃瀧」「だんまや水産」「一軒め酒場」の対象店舗にて

 養老乃瀧は、「養老乃瀧」「だんまや水産」「一軒め酒場」の対象店舗にて、徳島県の名産「半田そうめん(半田手延麺 八千代)」を使用した「七夕そうめんフェア」を7月1日~7月7日の期間で開催する。
 徳島県の名産「半田そうめん(半田手延麺 八千代)」は、他のそうめんに比べ少し太く、モチモチ、ツルツルの食感、強いコシが特徴。「養老乃瀧」では、「薬味たっぷり冷汁風(焼さば入り)」(418円)、「釜玉そうめん」(330円)、「鶏とニラのピリ辛麺」(462円)、「徳島半田そうめん」(352円)を提供。「だんまや水産」では、「薬味たっぷり冷汁風(焼さば入り)」(418円)、「釜玉そうめん」(330円)、「ぶっかけ出汁とろろ掛け」(495円)、「冷し桶盛りそうめん」(539円)を提供。「一軒め酒場」では、「薬味たっぷり冷汁風(焼さば入り)」(319円)、「釜玉そうめん」(297円)、「さっぱりと肉南蛮そうめん」(319円)を提供する。

 7月7日といえば、織姫、彦星のエピソードで有名な七夕だが、実は「そうめん」の日でもある。中国では、中国伝来の縄のように編み上げた菓子「索餅」を7月7日に食すと1年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあるが、時代と共に形を変え、日本に伝わり、江戸時代には同じ小麦粉で作られた「そうめん」が七夕に食べられるようになったともいわれている。
※金額は、「税込み」価格
販売店舗:https://www.yoronotaki.co.jp/campaign/shoplist.html?CN=9269
 

(外食.Biz)
2022年07月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る