外食ドットビズ

トピックス

新生銀行、2022年会社員のお小遣い調査①-お小遣い編-
男性会社員は68円減の38,642円、女性会社員は1,120円減の33,278円

 新生銀行は、20代~50代の有職者の男女約2,700名を対象にした「2022年会社員のお小遣い調査」を実施し、その結果を公表した。外食ドットビズでは、「お小遣い編」「昼食事情」「飲み事情」の3回に分けて掲載する。
 男性会社員の1ヶ月あたりの平均お小遣い額は、昨年の38,710円から68円減の38,642円となった。近年の男性会社員のお小遣い額は、2020年から2021年に続き、2021年から2022年でも微減して推移している。年代別では、昨年から一転し、40代(33,205円→38,049円)・50代(35,674円→39,523円)で増加しているが、20代(45,581円→36,792円)・30代(40,710円→40,149円)では減少している。
 一方、女性会社員のお小遣い額は、昨年の34,398円から1,120円減少し、33,278円となった。女性会社員のお小遣い額も、男性会社員と同様、2021年から低下しており、最も少ない2019年(33,269円)に次ぐ金額となっている。年代別では、20代(37,589円→37,624円)・50代(27,907円→31,557円)で増加したものの、30代(40,276円→33,597円)・40代(32,086円→30,523円)では減少した。

【調査概要】
調査時期:4月11日~4月18日
調査方法:インターネットによる調査(マクロミルに依頼し全国からサンプルを収集)
調査エリア:全国
調査対象者:会社員(正社員・契約社員・派遣社員)、パート・アルバイト
サンプル数:2,712名(会社員:男性1,252/女性842/パート・アルバイト:男性306/女性312)
 

(外食.Biz)
2022年06月30日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る