外食ドットビズ

トピックス

大阪王将、絶滅危惧めし第2弾「もりっとうまぃホイコー飯(ハン)」発売
未来へ食べつなぐ!東京の学生を育んだ活力めしを大阪王将スタイルで

 大阪王将は、全国の餃子専門店「大阪王将」店舗(一部店舗を除く)にて、絶滅危惧めし第2弾として「もりっとうまぃホイコー飯(ハン)」(730円/税込)の販売を6月23日より期間限定で開始する。
 栄養満点のボリューム中華「ホイコー飯(ハン)」は、東京の学生街の、とあるエリアで長年愛されてきた、知る人ぞ知る“殿堂レベルの活力めし”だ。「大阪王将」では、未来に食べつないでいきたいと想いを込め、絶滅危惧めし第2弾として発売する。「もりっとうまぃホイコー飯(ハン)」は、豚肉と野菜の甘辛味噌炒めを白ご飯にのせ、目玉焼きをトッピングした一品。ニンニクと豆板醤を効かせたタレが食欲を誘い、キャベツと白菜、小松菜が入って、野菜もたっぷり食べられる。
 

(外食.Biz)
2022年06月23日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る