外食ドットビズ

トピックス

インフォマート、「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者として採択
企業間取引のデジタル化の推進を強力に支援!費用の最大4分の3を補助

 インフォマートは、経済産業省が推進する「IT導入補助金2022」において、「IT導入支援事業者」として採択され、同社が提供する「BtoBプラットフォーム」シリーズ(受発注/規格書/請求書/TRADE/契約書/受発注 for 製造業)が補助金対象のITツールとして認定されたと発表した。
 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための経費の一部を国が補助し、業務効率化・売上アップをサポートする制度。その種類には、通常枠(A・B類型)とデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)の2つがある。
 デジタル化基盤導入類型は、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者に対し、2023年10月から施行されるインボイス制度への対応を見据えて、企業間取引のデジタル化を強力に推進する目的で、従来の通常枠(A・B類型)より補助率を引き上げ、優先的に支援するもの。補助金の対象は、ソフトウェア購入費用および導入するソフトウェアに関連するオプション・役務の費用等で、最大350万円が補助される。
IT導入補助金2022公式サイト:https://www.it-hojo.jp/
 

(外食.Biz)
2022年05月31日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る