外食ドットビズ

トピックス

ワンダーテーブル、グルメイベント「第3回 ワンダーテーブルレストランウィーク」開催
レストランの醍醐味を楽しむ3週間!一定価格の限定コースを普段より手頃な価格で提供

 ワンダーテーブルは、同社が運営するレストランを気軽に楽しめるグルメイベント「第3回 ワンダーテーブルレストランウィーク」を5月23日~6月12日の期間で開催する。
 「ワンダーテーブルレストランウィーク」は、期間中、一定価格の限定コースを普段より手頃な価格で提供することで同社が運営するレストランをより気軽に楽しんでもらえるイベント。2021年春に開催した第1回では、レストランの魅力を再発見してもらえるようシグニチャーディッシュをメインにしたコースを、第2回では、秋の食材を使ったおすすめコースを提供。第3回となる今回は、初夏の食材の料理とシグニチャーディッシュを組み合わせたスペシャルコースを楽しめる。
 例えば、LAで誕生した80年以上の歴史を持つプライムリブ専門店「Lawry’s The Prime Rib」では、ウェルカムドリンクとしてシャンパン「ペリエジュエ グランブリュット」とハーフシェルオイスターも付いた平日限定ランチ「Restaurant Week Lunch」(6,000円)と、初夏の味覚とプライムリブを楽しめる「Restaurant Week Dinner」(12,000円)を用意。また、NYレストラン界のリーディングカンパニー“USHG”のダイニングカルチャーが感じられるレストラン「ユニオン スクエア トウキョウ」では、初夏ならではの素材、旬の野菜をアメリカンスタイルで楽しめる内容となっている2種類から選べるプリフィックスコース「Restaurant Week Lunch」(3,000円)と「Restaurant Week Dinner」(6,000円)を用意。そして、イタリアから空輸したフレッシュモッツァレラチーズを気軽に楽しめるローマ発の「オービカ・モッツァレラバー」では、オーガニックオリーブオイル、ビネガーで食べる水牛モッツァレラサラダとオービカの人気商品やプラントベースのメイン料理をシェアスタイルで楽しめるプリフィックスコース「Restaurant Week Lunch」(3,000円)と、モッツァレラをより美味しく食べられる4種のアカンパニメンツとオービカのシグニチャー商品がお得に楽しめるシェアスタイルのプリフィックスコース「Restaurant Week Dinner」(5,000円)を用意(一部店舗を除く)。さらに、本物のしゃぶしゃぶ・すき焼きを気軽に食べられる「MO-MO-PARADISE」では、「国産牛&国産豚 しゃぶしゃぶorすき焼き ランチ(4種食べ比べコース)」(4,000円/新宿東口店のみ)と、「国産牛&国産豚 しゃぶしゃぶorすき焼き ディナー(6種食べ比べコース)」(5,000円)を用意した。
ワンダーテーブルレストランウィーク:https://wondertable.com/restaurantweek/
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年05月23日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る