外食ドットビズ

トピックス

デニーズ、冷凍食品を扱う新たなブランド「Denny’s Table」登場
“デニーズの冷凍食品で食卓をレストランのように彩る”がコンセプトの冷凍商品

 セブン&アイ・フードシステムズは、全国の「デニーズ」店舗(一部店舗を除く)にて、“デニーズの冷凍食品で食卓をレストランのように彩る”をコンセプトとした新たなブランド「Denny’s Table」商品の販売を5月17日より開始した。当面はデニーズ店舗での販売となるが、今後は販路を広げていく予定だ。
 新型コロナウイルスの流行により、ライフスタイルや食の価値観に大きな変化が起きており、テレワークの定着や外食機会の減少などから、自宅で過ごす時間が増加したとも言われている。それらを背景に、「Denny’s Table」は、自宅での様々な食事シーンに対応できる、洋食を中心とした冷凍商品を取り扱う。手軽に食事を済ませたい時はもちろん、ちょっとしたアレンジで華やかな食事を楽しみたいときなど、手間ひまかけ、丁寧に仕立てたデニーズならではの商品で食卓を彩る。
 第1弾では、定番のデミグラスソース、モッツァレラチーズ入りの白いソース、野菜感のあるトマトソースで仕立てたデニーズ自慢のハンバーグや、独特な食感が楽しいショートパスタなど、デニーズが得意とする本格的な洋食を中心にラインナップ。
 「お店のソースで仕込んだデミグラスハンバーグ」(580円)は、ジューシーな合挽ハンバーグとコクのあるデニーズ特製デミグラスソースを一緒に仕込んだ自慢のハンバーグ。デミグラスソースは、デニーズの店舗で提供している人気の煮込みハンバーグと同じソースを使用している。「モッツァレラ&粒マスタード 白いソースのハンバーグ」(680円)は、モッツァレラチーズが溶け込んだクリーミーなホワイトソースに、プチっと感じる粒マスタードの酸味が心地よく、ジューシーな合挽ハンバーグと相性抜群。「ラタトゥイユ風 トマトハンバーグ」(680円)は、ズッキーニ、じゃがいも、たまねぎ、にんじんなどの角切り野菜をほどよい酸味のトマトソースで煮込んだ合挽ハンバーグ。「海老とじゃがいものカサレッチェ~ジェノベーゼソース」(580円)は、もっちりとした独特な食感のS字型の形をしたショートパスタ“カサレッチェ”。香り高いバジルのソースに、海老、じゃがいも、いんげんを合わせた。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年05月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る