外食ドットビズ

トピックス

チムニー、石巻産の牡蠣と錦江湾産のえごま勘八が堪能できるフェアを開始
旨みが凝縮した濃厚な「活〆牡蠣」と、適度な脂と旨味が特徴の「えごま勘八」

 チムニーは、「はなの舞」「さかなや道場」等全国のグループ店舗(一部店舗を除く)にて、こだわって育てた石巻市桃浦産「活〆牡蠣」と鹿児島県錦江湾産「えごま勘八」を使用したメニュー全8品の提供を5月19日より期間限定で開始する。
 宮城県石巻市にある桃浦湾で、牡鹿半島の自然の恩恵を受け、一粒一粒大切に育てられた牡蠣は、旨みが凝縮した濃厚な味わいを楽しめる。一方、豊かな水産資源に恵まれ、栄養豊富で、養殖に適した環境の鹿児島県錦江湾で育てられた「えごま勘八」は、飼料に抗酸化作用があるといわれる「オメガ3」が含まれる「えごま油の油かす」を加えて育てられた適度な脂と旨味が特徴の勘八だ。
 これらを、「桃浦の活〆牡蠣とえごま勘八の合盛り」(979円)、「桃浦の活〆牡蠣(1個)」(495円)、「桃浦牡蠣の香草焼き(1個)」(539円)、「えごま勘八刺身」(5貫759円/3貫539円)、「胡麻えごま勘八」(869円)、「なだれ海鮮丼 桃浦の活〆牡蠣付き」(1,749円)、「えごま勘八丼」「胡麻えごま勘八丼」(各979円)などで提供する。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年05月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る