外食ドットビズ

トピックス

鳥貴族、全617店舗に飲食店向け予約管理システム「ebica」を導入
飲食店の集客力向上と業務効率化を支援する予約管理/顧客台帳サービス

 エビソルは、鳥貴族が展開する焼鳥屋チェーン「鳥貴族」全617店舗にて、同社が運営する飲食店向け予約管理システム「ebica(エビカ)」の導入が完了し、稼働が開始したと発表した。
 近年、コロナ禍の影響も受け、これまで飲食業界でなかなか進みづらかった予約のネット化が拡大している。従来飲食店予約の定番であったグルメサイトに加え、GoogleやYahoo!といった検索プラットフォームや、LINE、Instagram、FacebookをはじめとするSNSの飲食店予約機能拡充など、集客のための予約動線が多様化している。
 「ebica」は、リアルタイムの空席状況をグルメサイト及び各種集客メディアと連携可能にするグルメサイトコントローラーや、オウンドメディア向け予約機能などにより、飲食店の集客力向上と業務効率化を支援する予約管理/顧客台帳サービス。今回の導入を受け、鳥貴族では、ホームページの各店舗ページに「スマート予約」機能を設置し、ネットによる“今すぐ予約”が今後可能となるよう取り組んでいく。また、「Google で予約」にも対応していることから、Google検索やマップから鳥貴族各店舗のネット予約も予定しており、消費者の利便性を一層向上する。
 さらに、鳥貴族では、同社がLINEと共同開発した飲食店向けAI電話予約応対サービス「AIレセプション」を都内21店舗で検証中。今後、オウンドメディアからグルメサイトまで普及が進むネット予約の自動管理を可能にする「ebica」と、電話予約を自動管理できる「AIレセプション」の連携により、予約における利便性向上に加え、さらなる店舗の経営効率化に向け検証を続けていく。
 

(外食.Biz)
2022年05月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る