外食ドットビズ

トピックス

麺食、新業態のアジア料理店「88 Asia(ハチハチアジア)」を二子玉川にオープン
ミシュラン料理人の直伝レシピも!海外の屋台気分が味わえるカジュアルなアジア料理店

 麺食は、新業態となるアジア料理店「88 Asia(ハチハチアジア)」を5月9日に東京・二子玉川にてグランドオープンした。
 「88 Asia」の店舗コンセプトは、ベトナムやタイの街にある屋台の活力と温かさと怪しい感じが同居する空気感を再現し、野菜も肉もしっかり摂れるボリュームあるアジア料理のお店。店内は、オープンキッチンで、屋台のようなにぎやかな音やスパイシーな香りが漂い、料理を待つ時間もエンターテインメントとして楽しんでもらえる。店舗手前の座席はまさに屋台風でポップなデザインを、奥の座席はシックなソファー席で隠れ家風という、2面性を持ち合わせたワクワクする空間を演出している。
 ランチメニューは、女性がひとりでも立ち寄りやすいカジュアルさを重視し、夜は男性でも満足できるようなボリューム感とちょい飲みができる豊富なお酒の種類が自慢。なかでももっともこだわった食材はフォー(米麺)。国内での流通のほとんどが「輸入乾麺」なのに対し、同店では、本場同様の「生麺」にこだわり、最上級の“プレミアム国産生米麺”を開発した。
 なお、メニューは、ミシュランガイド東京で3年連続星を獲得した「sio」の鳥羽周作氏が率いる食のクリエイティブカンパニー「シズる」にプロデュースしてもらった。「sio」がコロナ禍で始めたテイクアウトのバインミーのレシピとネーミングを受け継いだ「HEY!バインミー」(880円)は、平日のランチとテイクアウト限定商品。肉とたっぷりの野菜の具が入ったヘルシーなサンドイッチは女性一番人気メニューとなること必至。また、看板メニュー「88フォー(牛肉のフォー)」は、豚と牛の骨を4時間かけて煮込んでうまみが凝縮されたスープに、“プレミアム国産生米麺”とやわらかく煮込んだ牛肉の具とで、やさしいアジアの味わいを醸し出している。おつまみにもなるパクチーサラダ、生春巻き、バインコット(ベトナム風ミニお好み焼き)、泰のエビと挽肉の春雨サラダなど、ヘルシーもがっつりも好みで選べる。

【88 Asia(ハチハチアジア)】
所在地:東京都世田谷区玉川3-23-18
電話:03-5797-9676
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
定休日:なし
 

(外食.Biz)
2022年05月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る