外食ドットビズ

トピックス

デュワーズユニークカスクシリーズ第2弾!「イリーガルスムース 8年」登場
メスカル樽で仕上げたスパイシーな香りとなめらかな味わいが特長のスコッチウイスキー

 サッポロビールは、1846年にスコットランドで創業した世界的なウイスキーブランド「デュワーズ」から、「デュワーズ イリーガルスムース 8年」(700mlびん)を5月24日に数量限定で発売する。
 デュワーズの創業家のひとりであるトミー・デュワー氏が、1892年ごろから約2年間にわたって販路拡大のために世界周遊したことが斬新なアイデアや新しい発見につながった、という体験に着想を得て開発された「デュワーズユニークカスクシリーズ」。スコッチウイスキーでありながらも、固定概念にとらわれず世界のユニークな樽でフィニッシュすることで新しい味わいを生み出している。
 その第2弾となる「デュワーズ イリーガルスムース 8年」は、8年以上熟成されたモルトウイスキー原酒とグレーンウイスキー原酒をそれぞれブレンド後、もう一度樽の中で熟成させるダブルエイジ製法によりどこまでもなめらかな味わいを生み出し、さらに、世界的なメスカル(リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産蒸留酒の総称)のブランド「ILEGAL」で使用された樽でフィニッシュしている。なめらかな味わいの中にもグリーンペッパーのようなスパイシーな香りとほのかに感じるスモーキーな風味が特長のお酒だ。
 

(外食.Biz)
2022年05月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る