外食ドットビズ

トピックス

スシロー、今年のテーマは“未来輝け!”年に一度の「スシロー大創業祭」開催
第1弾は生産者がこだわり抜いた極上のうまい魚が集結する“輝け、日本のうまい魚。”

 あきんどスシローは、全国の「スシロー」店舗にて、“未来輝け!”をテーマに、年に一度の「スシロー大創業祭」を5月12日からの第1弾を皮切りに順次開始する。
 スシローでは、「未来輝け!大創業祭」をテーマに掲げ、回転すし業界のリーディングカンパニーとして“食の未来への還元”を体現すべく、第1弾は“輝け、日本のうまい魚。”、第2弾は“輝け、日本のすごい技。”、第3弾は“輝け、子ども達の笑顔。”をテーマに商品を提供する。
 第1弾“輝け、日本のうまい魚。”では、小浜水産・オカムラ食品工業・拓洋・宇佐水産の4社の生産者が丹精込めて育てた“うまい魚”を用意。小浜水産の漁獲量が少なく幻とも謳われている「アカバナかんぱち」は、引き締まった身質に、きめ細かな脂と上品な旨みを堪能できる逸品。「アカバナとろかんぱち」(330円)と「アカバナかんぱち食べ比べ(生・漬け)」(165円)で提供。オカムラ食品工業の「サーモン」は、青森県の世界遺産・白神山地からの流水や津軽海峡で育つ絶品のサーモン。流通量の少ないこだわりの国産サーモンは、生だからこそのもっちり食感に、上品な脂のりを満喫できる。「ダブル大とろ生サーモン」(330円)と「ダブル生サーモン」(165円)で提供。拓洋と宇佐水産の「たい」は、生のまま店舗に届き、新鮮な状態で皮目の旨みを味わうために、店内で皮引き・切りつけをするこだわりの真鯛。引き締まった身の弾力や、噛むと広がる甘みをリーズナブルに味わえる。「活〆真鯛」、「漬けごま活〆真鯛」(各110円)と「真鯛の松皮仕立て」(330円)で提供する。
 その他、タッチパネルでは注文ができないレーン限定で楽しめる裏メニュー「まぼろしの海鮮ユッケ包み」(110円)や、「本鮪3貫盛り」(330円)、「特盛いくら」(330円)、「大切り穴子」(165円)、「てんこ盛りコーン」(110円)、「どでかカタラーナ」(198円)なども用意した。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2022年05月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る