外食ドットビズ

トピックス

BtoBプラットフォーム 請求書、経理業務AIソリューション「Remota」とAPI連携
「BtoBプラットフォーム 請求書」の利用企業の支払業務、請求書の保存を効率化

 インフォマートは、「BtoBプラットフォーム 請求書」と、ファーストアカウンティング㈱が提供する経理業務効率化のAIソリューション「Remota」がAPIシステム連携を開始したと発表した。このシステム連携により、請求データの一元化が可能になり、従来の課題であった電子請求書と紙の請求書の混在による経理業務の負担軽減を図るとしている。
 経理業務に特化したAIソリューション「Remota」は、AI-OCRの機能で証憑を読み取るだけではなく、経理の一連の業務をAIにより自動化することができるシステム。近年、企業では電子請求書システムを導入していても、取引先から紙の請求書が送られてくると、「紙の請求書の情報を手入力しなければならない」という課題があった。企業によっては今でも大半の請求書が紙で届いているケースもあり、電子請求書と紙の請求書は異なる支払業務フローで運用する必要があるため、紙の請求書の処理の効率化が課題となっている。
 このような紙の請求書による支払業務の負荷、電子請求書と紙の請求書の二重管理に関する課題を解決すべく、「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Remota」は、APIシステム連携を開始。本連携により、紙で受け取った請求書をPDF等に変換し、変換した請求書の画像データを「Remota」のAI-OCR機能で読み取り、「BtoBプラットフォーム 請求書」に取り込むことで、紙の請求書の手入力業務の削減が実現する。さらに、支払データを一元管理することができ、効率的に支払業務を行うことができるようになる。
 両社は、今後も、企業における経理業務デジタル化によるDX推進、業務効率化、生産性向上に貢献するため、より利便性の高いソリューションを提供していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2022年04月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る