外食ドットビズ

トピックス

大阪王将、毎月18日を「天津飯の日」!玉子を1枚増量で提供
麺類が100円引きとなる毎月11日の「ラーメンの日」に続く特別な日

 大阪王将は、全国の「大阪王将」店舗(一部店舗を除く)にて、1月18日より、毎月18日を「天津飯の日」とし、人気の“ふわとろ天津飯シリーズ”の玉子を1枚増量で提供すると発表した。
 “ふわとろ天津飯シリーズ”は、オムレツのようなふっくらとした約2.5cmもの厚みがある玉子が特徴の天津飯。玉子に同社オリジナルの「ふわとろの素」を混ぜ込むことで「ふわっふわ、とろっとろ」の柔らかな食感を楽しめる。餡は醤油ベースの関西風で、余計なものは入れず玉子で勝負したこだわりの一皿だ。
 「天津飯の日」は、この大阪王将で根強い人気を誇る“ふわとろ天津飯シリーズ”の「ふわとろ天津飯」「ふわとろ天津炒飯」「ふわとろ麻婆天津飯」の“ふわとろ玉子”が1枚増量になる毎月1回の特別な日。単品メニューが対象で、セット、ハーフは対象外だが、テイクアウトは対象となる。
なお、「大阪王将」では、毎月11日を「ラーメンの日」とし、麺類を注文すると100円引きで商品を提供している。
 

(外食.Biz)
2022年01月18日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る