外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、2022年の事業方針を発表-ビールブランド編-
プレミアム価値とリーズナブル価値を追求しブランドの魅力最大化に取り組む

 サッポロビールは、2022年事業方針を発表。経営ビジョンである「誰かの、いちばん星であれ」のもと、2022年も新しいお酒のカイタクや顧客の課題と社会課題の解決に取り組み「新しい楽しさ・豊かさをお客様に発見していただけるモノ造りを」追求し続ける。
 まず、2021年を振り返ると、新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年にも増して業務用酒類市場が苦しんだ一年だった。その一方で、顧客のライフスタイルと価値観の変化が加速。2020年10月の酒税税率改正により減税となったビール市場は、飲食店での飲酒機会が減少するなか、家庭でちょっと良いものを、という顧客の意向ともあいまって、活性化した。
 ビールブランドにおいては、「サッポロ生ビール黒ラベル」の缶商品が7年連続売上アップを、またヱビスブランドの缶商品が前年超えを実現するなど、既存ビールブランドで着実な成長を果たした。このように、同社では、2010年頃よりビールブランドの魅力最大化に取り組むことで着実な成長を果たしてきた。これは、多様なビールブランドを持つ強みを活かし、ブランドの個性や歴史に裏付けられたストーリーを丁寧に伝えることで、自分らしさやこだわりを重視する顧客に支持されてきた結果であるとしている。
 2022年もプレミアム価値とリーズナブル価値を追求し、ビールでは引き続きブランドの魅力最大化に取り組む。コロナ禍におけるライフスタイルや価値観の変化で、顧客は自分にとって本当に大切なものを厳選し、自分らしさや、ストーリー、ビジョンへの共感を重視するようになっている。同社のビールブランドは、それぞれが強い個性と魅力ある歴史やストーリーをもっており、その「個性」と「物語」をリアルとデジタルを融合させた同社ならではの新しいブランド体験を通じて、ビールを選ぶ楽しさを広めていく。
 「サッポロ生ビール黒ラベル」は、生のうまさにさらに磨きをかけ、2月製造分から順次リニューアルを実施。また、顧客プラットフォームである「CLUB黒ラベル」を進化させ、リアルとデジタルの融合を促進する。究極の生ビール体験ができるリアルな接点と、黒ラベルの「個性」「物語」に触れることができるデジタルな接点とをつなぎ、熱狂的なファンになってもらう仕組みを新たに構築する。「ヱビス」ブランドは、2021年からの新コンセプト「Color Your Time」のもと、「ひとりひとりの彩りあるビール時間を創るブランド」としてヱビスならではの多様なビールの味わいを提案してきた。2022年秋にはデジタルのヱビス新ファンコミュニティが本格稼働(2月にプレオープン)。また、ヱビスビール誕生の地である恵比寿ガーデンプレイスに、醸造機能を有するリアルなブランド体験の場を2023年開業予定として準備している。
 さらに、リアルなブランド体験の場である業務用市場では、「乾杯をもっとおいしく。」キャンペーンを春より最盛期にかけて実施。同社の多様なビールを飲食店で味わってもらうとともに、改めて飲食店ならではの楽しさとおいしさを実感もらう機会創出に貢献していく。
 

(外食.Biz)
2022年01月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る