外食ドットビズ

トピックス

カルラ、第3四半期(2021年3月~11月)の連結業績を発表
主力の「まるまつ」では9月に新ポイントカード制度を開始し、新規会員の募集も再開

 カルラは、2022年2月期 第3四半期(2021年3月~11月)の連結業績を発表。売上高38億4100万円(対前年同期比5.2%減)、営業損失3億2800万円(-)、経常損失2700万円(-)、親会社株主に帰属する四半期純損失1億2300万円(-)であった。
 同社グループでは、感染防止対策を徹底することで、安心して来店してもらえる3密を避ける環境作りに取り組んできた。また、各自治体にて実施している飲食店用のコロナ対策認証制度を積極的に取得し、より一層安心して来店してもらえる店舗を目指している。
 主力業態である「まるまつ」では、9月に新ポイントカード制度を開始し、新規会員の募集も再開した。新制度ではポイント還元率を低く設定する代わりに、以前に比べ少ないポイント単位でも使用できるように変更することで、顧客の利便性を高めた。
 なお、2022年2月期 通期(2021年3月~2022年2月)の業績予想は、新型コロナウイルスの感染症拡大の影響により、現時点では、適正かつ合理的な業績予想の判定が困難な状態のため未定とし、今後、業績予想の算定が可能となった時点で速やかに公表するとしている。
 

(外食.Biz)
2022年01月11日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る