外食ドットビズ

トピックス

安楽亭、グループシナジーを活かす!「ステーキのどん」を「安楽亭」に隣接オープン
設備や人的資源を共有することで、従来以上に高効率な店舗運営の実現へ

 安楽亭は、JR赤羽駅前に立地する同社の既存店である焼肉レストラン「安楽亭 赤羽東口店」と同一ビル内の隣接階にて、「ステーキのどん 赤羽東口店」を12月23日にオープンした。
 「ステーキのどん」は、同社が昨年2月に子会社化した㈱アークミールの展開ブランド。両社は、これまでサプライチェーンの共通化を進めるほか、共同で販促活動を実施するなど、安楽亭グループとしてのシナジーを追求してきた。今回の出店は、こうした取り組みからさらに一歩踏み込み、業態をまたぐ店舗間でグループ内の設備や人的資源を共有することで、従来以上に高効率な店舗運営を実現する試みでもある。
 郊外立地店舗を多く展開してきた「ステーキのどん」業態は、今回の出店により東京23区内に進出し、全58店舗となる。また、安楽亭グループの自社ブランド業態としては全347店舗(フランチャイズ店を含む)を展開することとなる。同社グループは、今後も、傘下の各ブランドおよび各店舗の強みを生かし、ユーザーに豊かな食の楽しみを提供していきたいとしている。

【ステーキのどん 赤羽東口店】
所在地:東京都北区赤羽1-13-3 丸久ビル2階
電話:03-5249-3829
営業時間:11:00~23:00
席数:17卓、76席
 

(外食.Biz)
2021年12月24日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る