外食ドットビズ

トピックス

サッポロホールディングス、「がんアライアワード2021」においてグループ2社が受賞
サッポロビールは4年連続「ゴールド」、ポッカサッポロは3年連続「シルバー」を

 サッポロホールディングスは、11月29日に開催された、がんと就労問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」主催の「がんアライアワード2021」において、サッポロビールが4年連続となる「ゴールド」、ポッカサッポロフード&ビバレッジが3年連続となる「シルバー」を受賞したと発表した。
 がんアライ部は、「がんと就労」問題に取り組むプロジェクトで、「がんと就労」に関するリテラシー向上を目的とした活動等を行い、がんを治療しながら働くことが自然に受け入れられる社会の実現を目指している。

 同社グループは、「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念のもと、より具体的にサステナビリティ活動を推進するために、さまざまな課題の中から、特に重要と捉えて重点的に取り組む「サステナビリティ重点課題」を抽出し、ステークホルダーとの「4つの約束」を定めている。その1つに掲げる「個性かがやく人財の輩出」では、従業員のあらゆる多様性を尊重し、一人ひとりの能力を最大限発揮できる環境の整備を強化することに取り組んでいる。
 同社では、本受賞を励みに、がんに罹患しても、働き続けられる社会であることを望むとともに、がんに影響を受ける社員の思いを大切にし、すべての社員の学びと成長につなげたいとしている。
がんアライ部:https://www.gan-ally-bu.com/
 

(外食.Biz)
2021年12月03日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る