外食ドットビズ

トピックス

北海道限定生ビール「サッポロ クラシック<缶>」12年連続売上アップ達成
これからも北海道限定にこだわり、北海道の人々に一番愛されるビールを目指す!

 サッポロビールは、北海道限定で販売している「サッポロ クラシック」の缶商品の販売数量が、11月30日の出荷をもって、2020年の年間販売数量を超え、12年連続で売上アップを達成したと発表した。
 「サッポロ クラシック」は、地域限定ビールの先駆けとして1985年に北海道の人々に感謝の気持ちを込めて発売して以来、多くの人に支持されている、北海道を愛する人のための北海道限定生ビール。
 同社では、「サッポロ クラシック<缶>」の販売好調の要因として、一つは、発売以来の「北海道へのこだわり」を挙げている。コロナ禍での家飲み需要が高まる中、北海道の食材や風土に合わせた本商品の「素材のうまみ」と「爽やかな味わい」が支持されたとみている。そしてもう一つが「限定企画商品による多様な楽しみ方の提供」。麦芽100%使用のこだわりはそのままに、「サッポロ クラシック 春の薫り」や「サッポロ クラシック 夏の爽快」、「サッポロ クラシック 富良野VINTAGE」など、季節に合わせて様々な商品を発売することで、一年を通して多様な「サッポロ クラシック」の楽しみ方を提供していることも支持されている要因としている。
「サッポロ クラシック」ブランドサイト:https://www.sapporobeer.jp/classic/
 

(外食.Biz)
2021年12月02日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る