外食ドットビズ

トピックス

日本ミシュランタイヤ、「ミシュランガイド東京2022」のセレクションを発表
15周年となる「ミシュランガイド東京」は三つ星12軒を含む全432軒

 日本ミシュランタイヤは、厳選した飲食店・レストランを紹介する「ミシュランガイド東京2022」の全セレクションを12月3日の書籍発売に先駆けて11月30日に発表した。
 2007年の「ミシュランガイド東京2008」の発刊から15周年となる今回は、三つ星を15年連続で維持する日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、フランス料理「ジョエル・ロブション」の3軒を含む三つ星12軒、二つ星41軒、一つ星150軒、ビブグルマン229軒の掲載となった。また、2020年から読者の新たなお店選びの指標として紹介を始めた、飲食店・レストランのサステナブルな取り組みを評価する「ミシュラングリーンスター」は14軒に増えた。美味しい食事と環境保護の両立を実現し、食から持続可能性を考える店が増えている。
 さらに、個人を対象とした二つのアワードを日本のミシュランガイドでは初めて新設し、同時に発表した。自身の仕事やキャリアが手本となるようなシェフに授与される「メンターシェフアワード」は、日本料理「かんだ」の神田裕行氏、訪れる人を心地良くすることができる、おもてなしに優れたスタッフに授与される「サービスアワード」は、フランス料理「オマージュ」の荒井麻友香氏が受賞した。
 同社代表取締役社長の須藤元氏は、『昨年来、未曽有の異常事態下にあっても、たゆまぬ努力と創意工夫を続ける飲食業界の皆様に敬意を表します。例年通りの調査を実施し、継続してミシュランガイド東京をご紹介することで、業界の皆様へのエールとなれば幸いです。日本でのミシュランガイドの発行は、2007年の東京版から始まり、今年、国内27エリア目のガイドブックを出版するに至りました。また、デジタルプラットフォームの充実により世界のミシュランガイドの最新情報にアクセス可能になりました。今後も、ミシュランは持続可能な社会を目指しながら、人や物の快適なモビリティと、その先の豊かな旅や食事の喜びをお届けします』と述べた。
 なお、セレクションは、書籍と同じ内容をミシュランガイド公式ウェブサイトにて無料で利用できる。ユーザーの好みや目的に合わせた飲食店・レストランを外出先でも検索・閲覧可能だ。
ミシュランガイド公式ウェブサイト:https://guide.michelin.com/jp/ja
 

(外食.Biz)
2021年12月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る