外食ドットビズ

トピックス

サッポロライオン、「銀座ライオンビル」が登録有形文化財(建造物)に指定
今年4月8日で創建87周年を迎えた現存する日本最古のビヤホールを有するビル

 サッポロライオンは、「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」や「くつ炉ぎ・うま酒 かこいや 銀座七丁目店」などが営業している1934年創建の「銀座ライオンビル」が登録有形文化財(建造物)に指定されたと発表した。
 昭和9(1934)年4月8日に大日本麦酒の本社ビルとして竣工した同ビルの1階にビヤホールが開店した。ビル及びビヤホールの内装は、当時としては贅をつくし、工夫を凝らした造りとなっており、建築家を含め多くの人から絶大な賞賛を集めた。戦時中空襲により多くのビヤホールは焼失または疎開のため取り壊されたが、同ビヤホールは空襲を免れ、昭和20(1945)年9月11日から接収され進駐軍専用のビヤホールとなった。昭和27(1952)年1月に接収は解除され、再度一般の人も利用できるようになり、現在に至っている。
 「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」は、現存する日本最古のビヤホールだ。また、6階宴会場の「銀座クラシックホール」も当時は、会議室として使用され、現在ではパーティー会場等で利用されている。創建当時から内装は殆ど同じままで、何度来店しても「いつも同じ姿で迎えてくれるビヤホール」「思い出が詰まっているビヤホール」として多くの人から愛され続け、80年以上もの間、銀座の歴史を伝える歴史的建造物として今年4月8日で創建87周年を迎えた。
 同社では、世代を超え愛され続けたビヤホールを誇らしく感じるとともに、今後もビヤホール文化の発信基地として生ビールを媒体とする食文化の向上と地域社会の発展に努めていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2021年11月24日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る