外食ドットビズ

トピックス

ドトールコーヒー、使い捨てマドラーをFSC認証紙の高密度厚紙マドラーに切り替え
CO2削減に向けてできることに取り組むことで、顧客とサステナブルな社会の実現を目指す

 ドトールコーヒーは、プラスチックごみの削減を目的に、全国の「ドトールコーヒーショップ」や「エクセルシオール カフェ」などのグループ店舗約1,300店舗で使用する使い捨てマドラーを11月中旬より順次FSC認証紙の高密度厚紙マドラーに切り替えていくと発表した。
 同社では、これまでも環境負荷に配慮した消耗資材への切り替えを推進し、FSC認証紙のおしぼりや紙ナフキン、紙袋、バイオマス配合のポリ袋等を採用してきたが、今回新たにFSC認証紙の高密度厚紙マドラーに切り替えることで、更なるCO2削減に向けてできることを少しずつでも着実に取り組むことで、利用者とともにサステナブルな社会の実現を目指していく。
 FSC認証紙の高密度厚紙マドラーは、生分解、再生可能な木材を原料とした高密度厚紙で、剛性・耐水性・耐油性に優れ、食品、添加物の規格基準に適合した環境配慮製品。今回の導入により年間約5.7トンのプラスチック削減量をもくろむ。
 

(外食.Biz)
2021年11月24日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る