外食ドットビズ

トピックス

サッポロファクトリー、AI広告による飲食店舗の集客ソリューションの実証実験
商業施設利用者に対して最適な広告を表示する技術を活用した事業創出を目指す

 サッポロ不動産開発は、北海道札幌市で運営する複合商業施設「サッポロファクトリー」において、AIカメラソリューション「AWL Lite(アウルライト)」による商業施設内の利用者分析と施設内飲食店のリアルタイム混雑状況の可視化による、商業施設内の店舗回遊促進技術の第2弾実証実験を10月4日~10月31日に実施する。なお、本実証実験は、北大発ベンチャーのAWLと共同で実施し、商業施設利用者に対して最適な広告を表示する「AI広告表示」技術を活用した事業創出を目指す。
 本実証実験では、AWL AIカメラソリューション「AWL Lite」をサッポロファクトリーに導入して実施する。施設内飲食店入口に「AWL Lite」10インチタブレットを設置して店舗の混雑状況を取得し、サッポロファクトリー内の通路に設置したデジタルサイネージ上に表示する。また、デジタルサイネージに設置した「AWL Lite」STB型端末を用いてデジタルサイネージの視聴者分析を行い、視聴者に対して視聴者の属性に合わせた最適な各店舗のおすすめメニューを表示し、飲食店舗への自発的な回遊行動を促す。
 今年3月12日~4月9日に実施した第1弾実証実験では、「AI広告表示」を行うことにより120~130%の集客効果が確認できたため、今回は、このAI広告においてさらに訴求力の高いコンテンツを表示するとともに、事業性を検証する。「AI広告表示」技術を活用することで、商業施設や店舗内における人の密集の回避を実現することに加え、利用者の属性に合わせた最適な広告表示による集客効果の拡大や顧客満足度向上が期待でき、施設利用者にとってさらに安全・安心に、便利で快適に楽しめる新しいカタチの商業施設を目指す。
※「AWL Lite」設置飲食店…エスプーマ(アトリウムB1)・北海道らーめん 奥原流 久楽(アトリウム1F)・風月(3条館B1)・一夜干しと海鮮丼 できたて屋/タージ・マハール(各3条館B1)・パンケーキストア ロバロバ(2条館2F)
※サイネージ設置箇所…フロンティア館2Fエスカレーター横・1条館2F共用通路柱横・アトリウム2Fシースルーエレベータ横・アトリウム1Fインフォメーションカウンター横
 

(外食.Biz)
2021年10月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る